-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-16 01:46
ちょっと前にわんだぁももさんと話してたときに
今度は季節物で「きよしこの夜」を作ってみましょうという事になったのです。
ちょっと時間経っちゃったけど楽譜できたよ~んと、ももさんに会いに行ったら

10121501

ももさんがイケメンになってる!Σ('◇'*)
男の子になって無事にイベントタイトルを取得できたらしいです。
おめでとう~ヽ(*^▽^*)ノ

10121502

そんなももさんに出来上がった楽譜を聴いてもらったら
なんと途中から音がずれてる事が発覚!
ももさんが作った楽譜と聴き比べたりして修正したのですが
五線譜に慣れてないせいで読み間違えちゃったのが原因みたいです(>ω<)
でも修正できたのでもうばっちり(≧▽≦)b


その後図書館へ移動して伴奏のつけ方について教わったのです。
ここからは楽譜を見ながら読んでくださるとわかりやすいかもしれません(・ω・)

10121503

楽譜の上の所に書いてあるCとかFとかGとかのアルファベット、
これが音楽やってない人でも名前は聞いた事あるであろう「コード」です!
それぞれ「ド・ミ・ソ」「ファ・ラ・ド」「ソ・シ・レ」ということで
階段を1段飛ばしで3歩上ったような1音飛ばしな音階ですが
その3音を同時にターンと鳴らすのです。
この楽譜は四分の三拍子なので1小節に3回ターンターンターン。

ところがマビの楽譜はメロディの他にさらに3音も鳴らすことはできないので
ちょっと省略して1音だけ、もしくは2音にして鳴らすことが多いみたいです。
というわけでそれぞれ「ドだけ」「ファだけ」「ソだけ」でターンターンターン。
そうやって最後までやっていくといい感じになるみたいです(*^ー^*)

楽譜ではGの他にG7と言うのがありますが、これはセブンスコードというもので
ソから数えて7音目まで(ソラシドレミファ)を1音飛ばしして
「ソ・シ・レ・ファ」の4音を同時にターンと行くのです!
とはいえやっぱりこれもマビでは省略して「ソだけ」になるみたいですけど(^_^;)

こんな感じで教わった事を自分なりにまとめてみたけれど大丈夫かな?
ひょっとしたらどこか間違ってるかもしらん(>ω<;)
秘密

トラックバックURL
→http://seanana.blog121.fc2.com/tb.php/857-c1d64ade
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。