-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-21 19:40
ガルム遊技場には「記歴者」と名乗るNPCが数名います。

07102101

彼らはそれぞれエルファリアの歴史を語ってくれるのですが、
人数多いわりに少しづつしか話してくれないし
今のところ、ゲームの世界観を知ることができるのが
NPCの話と公式HPくらいですから
FEZをより詳しく知る一助とするために
彼らの話をちょっとまとめてみましょう。

話は「始まりの王」と呼ばれ
エスセティア大陸の名前の由来にもなったエルフ、
マルクティス・エスセティアが統治するエスセティア王国が
内部分裂によって滅亡するところからはじまります。

エスセティア王家の血を引く
スフラン王の元に集ったティファレンツ王国が誕生し、
エスセティア王家の宰相メルジアが
自らを王とするメルジア王国を建国し独立。
後に「継承戦争」と呼ばれる争いが起こります。

長い戦いも「エンツォードの誓い」と呼ばれる
不可侵条約によって終わりを迎え、
それ以降、2国は互いに協力し繁栄の道を歩みます。
2つの王国が同時にあった時代を「2大王国時代」と呼びます。

ペデスタル大陸出身の一人の若者が「2大王国時代」に終止符を打ちます。
彼こそが初代トルクマイヤ帝国皇帝、「破壊王」バルクス・トルクマイヤです。
エルフたちはバルクスの暴虐さを恐れ姿を隠しはじめます。
トルクマイヤ帝国の時代は240年続きますが、
ある時、エフリシアというエルフが反乱を起こします。
「エフリシアの乱」はさまざまな人が立ち上がる契機となり、
それから100年ほど後に帝国は滅亡します。

時代は戦乱の時代に移り約300年、
世界を統一できた国家はなく現在に至ります。

なお、現在の5大国のうち
カセドリア以外の4国は200年前には
すでに存在していたそうです。

---------------------------------

NPCの話をまとめただけになってしまったけど
結構量がありましたね。
公式HPに載っている設定や各国首都のNPCの話も
合わせてまとめてみると面白そうではありますが、
疲れたのでひとまずここまで!
秘密

トラックバックURL
→http://seanana.blog121.fc2.com/tb.php/18-b764ece1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。